Android SDKに付属するエミュレータについて
エミュレータのドキュメントに総て書いてあるのだが、4つのスキンが用意されており、コマンドラインオプション -skin で変更可能
HVGA-L (480×320, landscape)
HVGA-P (320×480, portrait) (default)
QVGA-L (320×240, landscape)
QVGA-P (240×320, portrait)
Eclipseからは、Run Configuration等のダイアログで変更が可能

4つと思ったら、「HVGA」が追加されている。ドキュメントに記載されておらず、ぐぐってもそれらしき情報がないので簡単に調査をしてみるが…

HVGA


C:\android\android-sdk-windows-1.0_r1\tools\lib\images\skins\HVGA\layuoutファイルより
幅320、高さ480となっており、HVGA-Pとまったく同じ、ざっとみた感じ、キーボード用のグラフィックが別ファイルに分離されている程度
調べても現時点では、あまりメリットがないため調査するのをやめました。
(スキンを作ってみる気になった時に調べてみます)
以下スキン画像一覧


HVGA-L

HVGA-P

QVGA-L

QVGA-P