ソフトウェアを公開するには、バージョン番号を必ず付ける必要がある。
Android用ソフトのバージョン番号の取扱いについてまとめてみた。


http://code.google.com/android/devel/sign-publish.html

Androidでは、各アプリケーションは、マニュフェストファイルにバージョン番号を記載する。

このバージョン番号は、Androidによって論理的に意味付をされて使用されないため、自由なルール付けをして設定可能である。
バージョン情報は2つありAndroidManufest.xmlに記載を行う

android:versionCode

  • Integer型のバージョン番号。
  • どのように上げていくかは、開発者に任される。
  • 通常ユーザに見える事はない。
  • GoogleのAndroid Marketにて、アップグレード情報として使用される

android:versionName

  • ユーザが見る事ができるバージョン番号。
  • Androidによって、アプリケーションのバージョン番号として表示される。
  • Android Market上で表示される。

Aboutダイアログ等への表示

divider_horizontal_bright.png

プログラム上では、Aboutボックスにバージョン番号を表記する。この表示する番号は別リソースに持ってもよいのだが、バージョンアップをすると二か所を変更することになり好ましくない。

以下はManufestファイルからバージョン番号を取得し一元管理する方法

Aboutダイアログボックス等でプログラム内から上記バージョン番号を表示する場合は、PackageManagerからPackageInfoを取得しバージョン番号を得る。


String versionName ;
PackageManager pm = getPackageManager();
try {
PackageInfo info = null;
info = pm.getPackageInfo("jp.co.taosoftware.wareki", 0);
versionName = info.versionName;
} catch (NameNotFoundException e) {
}

もちろんバージョン番号だけでなく、マニュフェストファイルに記載されている内容に関しては、上記PackageInfoから取得可能である。


2009/5/19

情報が古くなった箇所があったため修正しました。