SDKをインストールすると、サンプルプログラム(ソースコード)もインストールされています。
サンプルプログラムを動かしてみるには、Buildしなければなりません。
サンプルプログラムは、
インストールディレクトリ\9.2\S60_3rd_FP1\S60Ex
にあるので、この中から動かしてみたいサンプルを選びます。
今回は、「Graphics」を試してみました。
まず、Carbide C/C++を起動し、「File」 – 「import」を選びます。
Importのダイアログが出てきますので、「Symbian OS」 – 「Symbian OS Bld.inf file」を選択し、「Next」ボタンをクリックします。
import.PNG
次のダイアログで、bld.inf の場所を指定します。
自分の環境では、C:\Symbian\9.2\S60_3rd_FP1\S60Ex\Graphics\group\bld.inf になります。
ここで気をつけるのは、Graphics\group ディレクトリに、bld.inf あることです。
bldinf.PNG
あとは、「Next」ボタンを押して進めます。
プロジェクトが作成されたら、今までと同じようにBuildし、実行してみます。
赤い丸2つと星が動くサンプルができました。
graphics.bmp