Android Marketでの有料アプリ登録開始の記事は、いろんな所で書かれていますので特に特筆する事はなし。
盛り上がっているのか、盛り下がっているのか微妙な状況です。
開発者の登録をGoogle Checkoutを利用して行うため、現在Google Checkoutにて出店できる国から対応になっていくのは当然の事で、現在対応になってない国、予定リストにも入っていない国の開発者は、文句たらたらです。
今後は、Android Market以外の有料ソフト配信サイトがにぎわっていくのでしょうか?
日本においても、3月末に対応するかは明記されていないので、どうなる事でしょう。
先が見えませんが、Android Marketサイトに以下の変更が加わりました。
既にAndroid Marketにてソフトウェアを登録している人は、一度見てみるといいと思います。
Upload an Application画面

Listing details

アプリケーションの説明文章にドイツ語を登録する事が可能になりました。
この文章を書いてないと、空白になってしまうのか、それとも英語が表示されるのか、わかりませんので、とりあえず英語で記載しておくのが良いと思います。

Publishing options

  • Off (Application can be copied from the device)
  • On (Helps prevent copying of this application from the device. Increases the amount of memory required by users to install the application)

んー、どのような仕組みでやるつもりなんでしょうか…