Anroid SDK 1.1r1がリリースされました。

実際に発売されている、AndroidG1のファームウエアが先日RC33になりましたが、これに対応したバージョンアップとなります。

しかし、DevPhoneのバージョンと、エミュレータのバージョンが合わなくなり、微妙な開発体制になりそうです。AndroidMarketのためにDevPhoneを買ったようなものですから、AndroidMarketさえどうにかなれば、DevPhoneにイメージを書き込むのですが….

Android のトップページからたどると今までのダウンロードページに行ってしまいます。このあたりはこれから変わるのでしょうか…少しなぞです。

Android SDK 1.1のインストール

さっそくアップグレードインストールをしたのでそのメモです。

といっても、アップデートの方法は前回の1.0rc2となんら変わりません。

以下のサイトからSDKをダウンロード
download Android SDK 1.1_r1

  1. ダウンロードした、android-sdk-windows-1.1_r1をc:\androidに解凍
  2. エミュレータのデータを削除(emulator -wipe-data)
  3. 環境変数PATHを新しいSDKのディレクトリに変更
  4. ADT Eclipse Pluginのアップデート
  5. Eclupseの設定画面で、SDKの場所を指定

とおこなって無事終了

すべて、アップデートの方法に書いてあるので、特に書くことがないです。

アップデートしたら、過去に作成したプロジェクトをクリーンアップして再ビルド

特に問題はでませんでした。

SDK1.1の変更点

Version1.1のリリースノート

先日AndroidMarketの機能アップの記事を書きましたが、もちろんAndroid Marketは入ってませんので関係ありません。

今後調査をするとすれば以下のあたりでしょうか…

  • アプリケーションが動作する最少SDKバージョンの指定が可能
  • External Librariesが追加された。
  • ロケールに、en_USとdeが追加された。


2009/5/15 加筆

この記事はSDK1.0 r2時点の記事です。以下の記事も参考にしてください。

ブログ内のSDKインストール記事