Android OSが持っているR.drawableのシステムリソースの中で、接頭語がディバイダとなっているリソースがある。
これは、区切り線といったら良いだろうか、以下の画像のようなものである。

divider.png

Android SDK ドキュメントには4種類のdividerが記載されているが、9-patch形式になっているので、単体で画像ファイルだけ見ても判別不能なので、アプリケーションに組み込んで比較してみた。

ディバイダーの種類

  • divider_horizontal_bright
  • divider_horizontal_dark
  • divider_horizontal_dim_dark
  • divider_horizontal_textfield

XMLファイル

レイアウトファイルから、androidのdrawableのアクセスは以下のように記述した。


<ImageView android:id="@+id/titleDivider"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="1dip"
android:src="@android:drawable/divider_horizontal_dark"
android:scaleType="fitXY"
android:gravity="fill_horizontal"
android:layout_marginLeft="10dip"
android:layout_marginRight="10dip"/>

比較

同じ画像が並んでいるように見えるが、アプリケーションアイコンを表示し、その横にアプリケーション名、そしてその下にある線がディバイダー(区切り線)である。

  • divider_horizontal_bright

    divider_horizontal_bright.png

  • divider_horizontal_dark

    divider_horizontal_dark.png

  • divider_horizontal_dim_dark

    divider_horizontal_dim_dark.png

  • divider_horizontal_textfield

    divider_horizontal_textfield.png

まとめ

特にまとめる事はないのだが、今回調べるきっかけは、PodcastやRSSReaderのソフトのAboutボックス内でで区切り線を使用しているからである。この区切り線をソフト内に持つのではなく、システムリソースを参照してすっきりとさせた。
比較した結論としては、@android:drawable/divider_horizontal_darを使う事にしました。

ちなみに今まで使っていた、dialog_divider_horizontal_light(システムリソースとして直接参照はできない)だと以下のようになる。

dialog_divider_horizontal_light.png

ブログ内の関連する記事