Android SDK 1.5プレリリース版にて、ADT(Android Development Tool)も0.8から0.9になりました。

機能追加、仕様変更について記載します。

Tool Bar

Eclipse上にツールバーが追加されました

adt_toolbar.png

一番右側のプラスのボタンを押すと、New Android XML Fileダイアログが開きます。

その左のフォルダぽいボタンを押すと”New Android Project”ダイアログが開きます。

New Android Project

Android SDK1.1から変更になったのは、Targetを選択できるようになった点で、Android1.1を選択すると、Mini SDK Versionに2が入力され、Android 1.5を選択すると3が入力されます。

その他は特に変更はありません

adt_new_project

New Android XML File

今まではXMLリソースの新規作成は、手動や既存ファイルをコピーして作成していましたが、XMLファイルのウイザードが追加されました。

レイアウトファイルや、メニュー、文字列リソースファイル等の作成が可能です。

adt_new_xml

Window Prefrence

メニュー Windows – PrefrenceでのAndroid設定に関しては、SDKのターゲットバージョンを指定できるようになった点以外は変更ありません。

起動オプション

エクリプスからエミュレータを起動する時の起動オプションが、エミュレータの仕様変更に伴い変更されました。
ターゲットAVDの指定が可能になっています。

また、画面サイズ設定は、AVDに含まれるため、Launchパラメータ項目グループから削除されています。

adt new debugconfig

Android Tools

プロジェクトを右クリックして表示される、Android Toolsメニューも変更が加わっています。

adt android tools

Export Signed Application Packageメニューが加わり、デバック用、リリース用のaptの作成が可能になりました。

今まではコマンドラインでリリース用証明書を付加していましたが、コマンドラインを起動する必要がなくなりました。

Export Signed Application Packageメニューを選択すると、以下のようなExport Android Applicationダイアログが表示されます。

manifestファイルにdebuggable=trueと設定してある場合は、警告メッセージが表示されます。

export android application

Nextボタンでキーストアの選択画面になります。

export android application

ブログ内のSDK1.5に関連する記事