Preferenceを継承するクラス一覧

Preferenceクラスは、PreferenceActivity上に表示されるUIコンポーネントのベースクラスです。
自分専用のUIコンポーネントを作成するには、このクラスを継承して作成をします。
以下がAndroid OSで用意されているPreferenceの一覧です。

  • CheckBoxPreference
  • EditTextPreference
  • ListPreference
  • RingtonePreference
  • PreferenceCategory
  • PreferenceScreen
  • PreferenceGroup
  • DialogPreference

どのクラスがどのような画面を作成するか、キャプチャ画面を含めて簡単に解説をします

CheckBoxPreference

チェックボックス、ON/OFFの機能を持つ

クリックすると、チェックボックスがOnとOffに切り替わる

preference_checkbox1.png

EditTextPreference

クリックすると自動的に、以下のようなエディットボックスダイアログが表示され、文字入力が可能です。

入力した値は、自動的にPrefrenceファイルに保存されます。

preference_edittext.png

ListPreference

クリックすると自動的に、以下のようなリストダイアログが表示されます。

リストに表示する値等総て、XMLファイルで指定可能です。

選択した値は、自動的にPrefrenceファイルに保存されます。

preference_list.png

DialogPreference

ダイアログを表示するプリファレンスに使用されます。
EditTextPreferenceやListPreferenceの親クラスです。

PreferenceCategory

Preferenceをグルーピングして見やすくする時に使用します。

通常は文字列を設定するのみです。

preference_category.png

PreferenceScreen

クリックすると次のプリファレンス画面に遷移する時に使用します。
プレファレンスを階層構造にしたい時に使用します。
移動先は、同じXML内で記載もできますし、intentを利用して飛ばす事も可能です。

preference_screen.png

上の画像をクリックすると、下のような画面に移動します。元に戻るにはバックボタンを使用します。

preference_screen2.png

PrefrenceGroup

複数のプリファレンスを管理するコンテナクラスです。
PreferenceCategoryやPreferenceScreenの親クラスです。

RingtonePreference

上記のプリファレンスクラスと同列に扱うのはどうかと思いますが、着信音選択用のプリファレンスです。

カレンダー、メール等の設定画面で使用されています。

preference_ringtone.png

各プリファレンスのXMLの記載方法については、後日記載しようと思っていますが、ApiDemoや、サンプルに良い例が載っています。

ブログ内の関連する記事