Cupcakeではソフトキーボードの追加が一つの注目点なのですが、Android SDK1.5に付属するサンプルプログラムに、ソフトキーボードが追加されました。

SDK1.1_r1付属サンプルプログラム

  • ApiDemos
  • HellowActivity
  • Home
  • LunarLander
  • NotePad
  • SkeletonApp
  • Snake

SDK 1.5で追加されたサンプルプログラム

  • JetBoy
  • SoftKeyboard

追加されたSoftkeyboardを、コンパイル実行させてみました。

SoftKeyboard

ソフトキーボードは、通常のアプリケーションではなく、サービスプログラムとなっていますので、Eclipseからデバック実行してもそのままでは動作しません。

実行させるには、メニュ - Settings – Locale Text 設定画面でインストールしたソフトキーボードを有効にする必要があります。

左が、ソフトキーボードをインストールする前の設定画面、右がソフトキーボードをインストールした後の設定画面です。右の画面では「Sample Soft Keybordチェックボックス」項目が増えています。


とりあえず、「Android keyboard」と、「谷歌…入力法」の2つのチェックを外し、「Sample Soft Keyboard」のチェックを付けると以下の画面が表示されます。

パスワードとか、クレジット番号とか総てキャッチして、ネットを介してどこかのサーバーに送るなんてことが簡単にできるから、信用できないソフトウェアキーボードアプリケーションは実行しないようにと書いてあります。まったくその通りで、はたしてサードパーティーのソフトキーボードって出てくるのでしょうか?

ホーム画面に戻って、Google Searchのウイジェット上でマウスをクリックすると、Sample Soft Keyboradが現れます。

その他

サンプルプロジェクトを、”New Android Project” – “Create Project from existing source”からインポートを行うと、以下のエラーメッセージがでます。


[2009-04-17 17:49:16 - JetBoy] no classfiles specified
[2009-04-17 17:49:16 - JetBoy] Conversion to Dalvik format failed with error 1

解決方法: メニューから、クリアを実行

ブログ内のSDK1.5に関連する記事

ブログ内の関連する記事