Android Developers Blogにて、Android SDK 1.5プレビュー版のアナウンスされました。

ダウンロードページ、http://developer.android.com/sdk/preview/

5月1日にリリースされる(きっと)Magicへの対応が始まったようです。

Android Developers ブログの記事の簡単なまとめ

  • このバージョンは、正式版ではなく、プレリリース版である
  • SDK1.5は、Cupcake branchをベースとしたものである
  • 開発ツール、SDKの構造変更を行った。
  • 一つのSDKの中に複数のバージョンを含むようになった。例えば1.1と1.5を切り替え可能
  • Android SDKアドオン(サードパーティーから提供)の仕組みを作った
  • Google Maps APIが上記アドオンとして提供されている(以前はコアに入っていた)
  • このリリースの位置付は、1.5がもうすぐ出るから開発者にリリース準備をしてもらいたいということ
  • 新しいActivity コールバックや、新しい機能についての解説は今後ブログで行う
  • 正式1.5 SDKは、4月末頃にリリースされる

ということなので、さっそくWindows上でEclipseを使用しての開発環境の構築をしてみました。

Android SDK 1.5 EarleyLookのインストール

SDK 1.5の特徴は、Android 1.5 Highlights ページを参照

Earley Lookのドキュメントは、オンライン上にはなく、インストールしたSDKの、docs/reference/を参照する。

新しいSDKは、古いEclipse plugin(ADT 0.8)では動作しない
古いSDK(1.1とか、それ以前の物)は新しいEclipse plugin(ADT 0.9)では動作しない。

ダウンロード

  1. android-sdk-windows-1.5_pre.zipをダウンロード
  2. zipファイルを解凍(C:\android\android-sdk-windows-1.5_preを作成)
  3. ADT-0.9_pre.zipをダウンロード、分かりやすいように、C:\android\android-sdk-windows-1.5_preディレクトリ下にコピー。

Eclipse Pluginのインストール

Eclipse pluginは、ADT0.9とADT0.8では互換性がない。今回新しい0.9にアップグレードして何か問題が発生した時、既存で公開しているソフトウェアの開発に支障がでる場合がある。このため、現在使用している開発環境とは別の開発環境を作成する。

新規にEclipseをインストールしても良いが、Eclipseをコピーインストールして、1.1用1.5用の2つを作成する。

注意事項:Eclipseは、3.3か3.4であること、3.2は動作しない

  1. C:\android\eclipseにインストールしてあるeclipseをディレクトリごと、C:\android\eclipse-1.5_preとしてコピーする
  2. C:\android\eclipse-1.5_pre\eclipse.exeを起動
  3. メニューのヘルプ > Software Updatesダイアログを開き、Installed Softwareタブを表示、”Android Development Tools”と”Android Editors”を選択し、”Uninstallボタンを押す”

    sdk1.5

  4. 以下のエラーメッセージが出て、アンインストールできない。
    
    Cannot complete the request.  See the details.
    Unsatisfied dependency: [org.eclipse.jpa.nl_ja 0.2.0.v20080928043402] requiredCapability: osgi.bundle/org.eclipse.jpa/[0.0.0,9.9.9)
    
  5. Eclipse Language Pack for Japaneseをアンインストールし、Eclipseのリスタート
  6. 再度、ADTプラグインのアンインストールを行うと成功、Eclipseのリスタート
  7. Help > Software Updatesで”Available Softwareタブをクリックし、”Add Site”ボタンを押す。”Archive”ボタンを押して、先ほどダウンロードしたADT-0.9_pre.zip(C:\android\android-sdk-windows-1.5_pre\ADT-0.9_pre.zip)を参照する。

    sdk15pre2

  8. Software Updates and Add-ones画面に戻るので、今設定したADTにチェックボックスを付けて、”Install”ボタンを押す。インストール終了後、Eclipseをリスタートする。

    sdk15pre3

  9. Windows > Prefrencesを開き、Androidを選択、SDK Locationを変更する(C:\android\android-sdk-windows-1.5_pre)

    sdk15pre4

ADT 0.8で使用していたアップデートサイトの設定は、ADT0.9がリリースされた時に切り替わるので削除は不要との事

Updating existing Eclipse projects

現在の状態で、自動コンパイルされ、以下のようなエラーメッセージが出ています。


Project has no target set. Edit the project properties to set one.

これを手直しします。

その前に、総てのプロジェクトに対して以下の操作をする必要があるため、ワークスペースにプロジェクトを沢山入れている人は、事前にプロジェクトを削除するか、プロジェクトのクローズをするのが良いでしょう

  1. 修正するプロジェクトを右クリックしプロパティを表示する。
  2. Android パネルを開き、プラットフォームバージョンを1.1に設定

    sdk15pre5

  3. メニュー Project > Clearnでプロジェクトをクリーンする
  4. エラーがでなければ終了

コンバートを行うと、”gen”ディレクトリが作成されます。”gen”ディレクトリは、自動的に作成されるjavaファイルの置き場所となります。

R.javaや、AIDL java fileが作成されるため、複数のプロジェクト間でのファイル共有が楽になります。

RSSReaderプロジェクトのコンバートを行いましたが、無事コンバートできました。
プロジェクトがどのように変化したのか、またその他の変更点に関しては、また記載します。

ブログ内のSDK1.5に関連する記事

ブログ内の過去のバージョンのSDKインストール記事