barcode_scanner_qr.png
barcode_scanner.png

日本においては良く使用されているQRコードに関しては、きっとドコモから出るAndroid携帯には、日本語ソフトキーボードが付いてくるように、QRコードを読み込むためのソフトも付いてくるんだろうぐらいに思って、ノーマークだったのですが、GoogleからAndroid Market経由でリリースしている、”Barcode Scanner”にQRコード読み取り機能があるのを見つけました。


日本語名は、QRコードスキャナーです。(Shoppingカテゴリにあります)

見つけたといっても、かなり前からあるらしく、正直、驚いたというか、知らなかった自分が恥ずかしかったのですが、きっと知らない人もいると思うので記事にしました。

QRコードの読み込み

QRコードのスキャン方法は、特にモードとかは存在せず、通常のバーコードスキャン画面で行います。

赤い線を水平方向の真ん中に来るようにしてQRコードに近づけると自動的に読み取りを行います。

上の画像は、CryketサイトをPC上でブラウザで表示し、ディスプレイ上に表示された物をDev Phoneで読み取ったものです。このQRコードにはURLが含まれており、”Open browser”ボタンを押すと、Android Marketアプリが起動し、すぐに対象アプリがダウンロードできます。

その他、取得したテキストをメールで送ったり、SMSで送ったりする機能もあります。

QRコードの作成

QRコードの読み込みだけではなく、作成もできます。

電話番号やブックマーク、クリップボード上のデータをQRコードにして画面に表示をします。

データの種類の選択

表示するだけで、画像保存はできません。画面に表示した物を、もう一台のAndroid端末で読み込むといった使い方を想定しています。

ContactからQRコードの作成

ブックマークからQRコードの作成

その他

PCからAndroid Marketを見れるサイトのCryketに何でQRコードが出ているんだろうと思っていたのですが、今回の件で謎が解けました。

ブログ内の関連する記事