今まで、何故AndroidのスタンダードHomeアプリは、Android OS1.1では、Googleの検索バーや、アナログクロックなどのAppWidgetを持っているのにもかかわらず、呼び出し可能なAppWidgetをソースコード内で決め打ちしているのか疑問に思っていたがAppWidgetを調査する過程で原因がわかりました。

結論から言えば、セキュリティ問題があったからで、今回のSDK1.5にて解決したということで解禁されたわけです。

ソースは、サードパーティーのホームアプリOpen HomeのFAQページ

ここに、Googleから来たメールが載っていました。

簡単にまとめると

  1. 通常アプリケーションをインストールする時は、ユーザーにそのアプリが使用するパミッションを表示して、ユーザが許可をしインストールするが、AppWidgetは、許可を得ることなくホームアプリケーションのパミッションで動いてしまう。
  2. AppWidgetは、ホームアプリをハッキングできてしまう。

ということらしいです。

しかし、DevPhoneのファームウエアバージョンアップが来て、G1のファームウエアバージョンアップがまだ、という状況とはいえ、各ホームアプリのAppWidgetの対応はなかなか遅いです。

すぐに対応版が出ると思っていましたが、なかなかゆっくりとしているようです。

ブログ内の関連する記事