Androidを初回起動時の画面は、ハードリセットをしないと見れないため、GDDフォンを取得した今のうちにと思い、画面キャプチャを取り簡単に解説してみました。

もうすぐドコモから発売される、HT-03Aにおいても最初に、SIMを指しているか指していないかの違いはありますが、ほぼ同じだと思われます。

Androidの初回起動手順ですが、Googleアカウントスキップ→初回起動終了→Wifi設定→Googleアカウント設定→SIM刺しテストをするならSIMを指してみる。の順に行うのが一番無駄がないと思います。

Androidの起動

Androidの電源をONにすると以下のような画面になります。

ここから、緊急通報だけ電話をかける事が可能ですが、実際にできるかどうかは、ご迷惑をかけるのでテストできません。

メニューボタンを押すと次の画面に進みます。

no sim

ようこそ画面

言語変更ボタンで言語設定(英語と日本語)の切り替えが可能ですが、使う事はないでしょう。

画面の指示に従って、アンドロイドの画像をタップして次の画面に進みます。

welcom ggd

チュートリアルに進むか、チュートリアルをスキップするかを選択します。
スキップするとGoogleアカウントの設定画面に移動します。

チュートリアル開始

チュートリアル

チュートリアルは10画面あります。テキストフィールドの入力の仕方の説明です。画面に表示されている緑の領域(吹き出し)をクリックすると順に説明を始めます。チュートリアルが終了するには、「戻る」キーを押します。

tutorial

Googleアカウントの説明が表示されます。

select google account

Googleアカウントの選択

Googleのアカウントを新規作成するか、既にアカウントを持っていれば、それを使用するか、Googleアカウントの設定は後で行うかを決めます。

Googleアカウントの新規登録はPCでした方がやりやすいですし、初回ログイン時はデータのやりとりが多いため、パケットの節約を考えるとWifiで行った方が良いので、ここは通常スキップして、あとからゆっくりとGoogleアカウントのセットアップをするのが良いでしょう。

スキップを選択

select account

位置情報についての同意

この設定は、後で、設定→セキュリティ&位置情報→ファイヤレスネットワークで設定変更です。

私の場合は付けた方が便利なのでチェックを付けました。

日付と時刻の変更

自働に設定すると、自動的に時計の調整を行いますが、まだネットワークにつながっていないので、日付やタイムゾーン、時刻を設定します。

もちろん、後から、設定→日付と時刻の設定から設定可能です。

日本は、GMT+9:00です。時差順にならんでますので下の方までスクロールして設定します。

setting date
setting timezone

完了

以下のようなHomeの画面が表示されて終了です。

home

その後やること

次に以下の設定を行いますが、長くなるので別記事に記載致します。

  1. Wifi設定
  2. Googleアカウント設定

ブログ内の関連する記事