Interop 2009が6月10日から12日まで幕張メッセで開かれています。
Interopサイトにで、キーワード”Android”で検索をすると、株式会社ソフトフロントさんと、岡谷エレクトロニクス(株)さんの2件がヒットしましたので情報収集に出かけてきました。

岡谷エレクトロニクス(株)さんは、検索アルゴリズムミスでしょうか、特に出店はされていないようでしたが、ソフトフロントさんでは、DevPhone上で既に動いているソフトを使ってのデモを行っておりかなり力を入れているのが感じられました。

Android対応SIP

ソフトフロントさんで、デモで動いているソフトで通話等まで触らさせて頂きました。NOSKI SIPライブラリを使用してのデモソフトということですが、そのまま製品としてリリースしても問題ないレベルではないでしょうか? ここまでリアルな物を見せられると、AndroidとSIPというキーワードは、やはり見逃せないという認識を受けました。担当の方も非常に技術に詳しく、少し長居をしすぎてしまいました。(申し訳ありません)

IP電話やモバイル、情報家電の分野でIPリアルタイムコミュニケーション開発をリードするソフトフロントは、今回新たに当社のSIPモジュールをAndroidプラットフォームに対応しました。
相互接続性が高く、マルチプラットフォームでの搭載実績を誇るNOSKI SIPライブラリに新たなラインナップが加わりました。

お客さんからの反応も良く、忙しいとの事で、企業ユースでのAndroidはかなり注目を浴びている事を再認識しました。

なお、ソフトフロントさんは、Open Embedded Software Foundationにも参加しておられます。

その他のAndroid関連

Interopのサイト検索では2件しか見つからなかったので、実際に現地で気を付けて見てみたのですが、その他の出店はなかったようです。

その他のブースでもAndroid関連の出店をされているのを発見された方は、教えて頂けると嬉しいです。

その他

カメラ撮影禁止だと、ブログに書くモチベーションが下がります。どうにかならないんでしょうか…

ブログ内の関連する記事