Android+NTT Docomoで留守番電話を試してみました。

留守番電話Notification

留守番電話サービスをNTTと契約をするともちろん留守番電話サービスが使用できます。

誰かが留守番電話に録音すると以上のようなNotificationが表示されます。
下から、不在通知、保存メッセージ有、SMSによる通知となります。

Notificationを開き、”新しいボイスメール”をクリックすると留守番電話サービスに自動的に電話されます

留守番電話サービス等を利用しているとき、数字を入力してDTMFを送る必要がある時があります(3
番消去等)。最初どうやるのかわからなかったのですが、電話を耳から一度はなし、画面の一番下に表示されているダイアルキータブを上へドラッグし表示されたダイアルキー画面で入力可能です。

電話中
ダイアルキー

ドコモ留守番電話サービスまとめ

普段あまり意識していなかった留守番電話サービスについて調べてみました。

GDD Phoneで設定する事

ドコモから発売される、HT-03Aには最初から設定してあるでしょうが、Google Developer Dayで配布されたGDD Phoneには留守番電話サービスへの設定を自分でする必要があります。

留守番電話サービスへの電話番号は、ボイスメールの設定で行います。

通話設定画面

ここに電話番号を設定しておくと、留守番電話のNotificationから直接電話をかけて留守番電話を聞く事ができます。

NTT Docomoのボイスメール番号は、「1417」です。

留守番電話番号の設定

電話で留守番電話設定

HT-03Aでは、どのようなインターフェースになるかわかりませんが、ソフトが用意されていない場合は、以下の電話番号に電話をかけ、留守番電話の設定が可能です。

  • 留守番電話再生(他) 1417
  • 留守番電話停止 1410
  • 留守番電話呼び出し回数変更 1419

その他詳しい情報は、NTT Docomoの留守番電話サービスページ参照

ブログ内の関連する記事