なんだか、日本電子専門学校にて、ケータイ・アプリケーション科が新設されたらしい、カリキュラムをみると、Android I とか Android II とかある。

をぉお、とかなり驚いた。

日本電子専門学校 先端IT系ケータイ・アプリケーション科

room.jpg

もちろん、iPhoneのヒットがあっての、ケイタイ、アプリケーション科の新設だろうが、すごい興味がある。どんな事をやるんだろう..

詳細は、日本電子専門学校のページを見てもらえればわかるわけだが、iPhoneって、Objective-Cだからなぁ、結構頭の中ごちゃごちゃになるんじゃない?とか、Windows Mobileは?とか思ったりして、興味津々で見てみた。

  • アンドロイド I

    アンドロイドOS(グーグルケータイ)上でのアプリケーション開発方法を学び、ガジェットなどの比較的簡単なアプリケーション開発を行います。

  • アンドロイド II

    グーグルケータイの実践的な開発技術を学び、各自のアイデアに従ってオリジナルのアプリケーションを開発します。

ふむふむという感じだったのですが、誤植発見!

iPhoneのアプリケーションをアップル社のMacを使って開発する方法、C++言語の基本、コンパクトなアプリケーションの作成方法を学びます。

すごいなこのカリキュラム

いやなんだか結構考えられているカリキュラムで、これ真面目に2年間学習したら結構いいレベルいけるのではないかと(2年後にAndroidやiPhoneがどうなっているかは、賭けだけど)思います。

しかし、JavaScriptにPHPにFlashに色々盛りだくさんだ。良く考えると今学校で学んでいる人は、言語がありすぎでかわいそうだなぁと思う、自分の時は、FORTRANとかBASICとかそれぐらいだったよなぁと

ちなみに、卒業までの総費用は、2,440,000円