エミュレータのSkinは自由に入れ替え可能で、かなり前ですがiPhone用スキンに切り替えたりして遊んでいました。その後SDKのバージョンアップ等に伴い、自然にiPhone用スキンは使わなくなったのですが、Android Wikiにて、エミュレータのSkinをHT-03Aにするためのzipファイルが公開されているのを知ってさっそく使ってみました。

skin_ht03a_white.png

上記サイトには、黒と白の入れ替え方法も書いてありますが、気分で簡単に切り替えられるようにインストールを行いました。

スキンのインストール

インストール方法は、上記サイトに詳しく書いてあります。私の場合は、白、黒両方が使えるように、解凍したフォルダをコピーしHT-03A_BlackとHT-03A_Whiteという2つのフォルダを作成し、HT-03A_Blackの中の、device.pngを削除後、device_b.pngをdevice.pngにリネームしました。

最終的なディレクトリ構造は以下のようになります。

  • android-sdk-windows-1.5_r3/platforms/android-1.5
    • sikins
      • HT-03A_White
      • HT-03A_Black
      • HVGA

Android Virtual Devices(AVD)の作成

以前の記事Android AVDとemulator (SDK 1.5)では、AVDの作成をコマンドラインから行いましたが、今回は、Eclipse上からGUIでイメージを作成しました。

Android Virtual Devices Managerを起動して、Create AVDの欄に適切に情報を入れて”Create AVD”ボタンを押せば、AVDが出来上がります。

AVD Manager

Black AVDの作成
  • NAME: HT-03A_Black (任意)
  • Target: Android 1.5 – 1.5
  • SDCard: 16M
  • Skin: HT-03A_White(選択)
White AVDの作成
  • NAME: HT-03A_White (任意)
  • Target: Android 1.5 – 1.5
  • SDCard: 16M
  • Skin: HT-03A_White(選択)

SDCardを2Mに設定したところ、うまく動作しなかったので16Mで作成しました。

実行

気分に応じて、デバック実行する時に、Targetデバイスに作成した、hT-03A_Whiteや、HT-03ABlackを切り替えて実行すればOKです。

skin_ht03a_black.png

今までずっと、赤色の標準スキンを使用していましたが、かなり気分転換になります。公開ありがとうございました。

ブログ内の関連する記事