既にニュースが出ておりご存じの方も多いと思いますが、コヴィア・ネットワークスより、Android端末(携帯電話ではない)が販売されます。19800円で、9月1日予約開始、9月30日出荷開始となっており、このままでいけば、日本で2機種目のAndroid端末となる予定です。

もうすぐ8月も終わりですから、いよいよですね

LinuxやAndroid開発者の間で話題のMID「SmartQ5」ですが、直輸入品は、技適マークを取得しておらず、国内でWifiや Bluetoothを使用すると、電波法違反になる恐れがあります。Androidアプリの開発や、新たな市場開拓の実験にとても魅力的なデバイスを、技適マークを取得し、国内で全数出荷検査及びAndroid OSのプリインストールを行った状態で販売いたします。Wifiやタッチパネルなどの機能もAndroid上で動作可能です。

SmartQ5は、北京智器(SmartDevices)から発売されている、MIDで、Ubuntu Linuxがプレインストールされています。(899人民元)、これをコヴィア・ネットワークスにて、Androidをプレインストール、電波法をクリアにして販売という事です。

私は完全にノーマークだったのですが、もちろんOSの入れ替え等も可能なため、ガジェット好きには結構人気の端末で、検索したところ色々な方が遊んでいます。もちろんAndroid OSに入れ替えた方もおり非常に楽しそうです。

SmartQ5に関する情報リンク


コヴィアネットワークス、AndoroidプレインストールのMID「SmartQ5」を1万9800円で販売へ

Verus diaryさんで実際に輸入され、Android OSのインストールをしている記事があります。

非常にたくさんの方が、SmartQ5で遊んでおり結構みなさん情報発信をしており、ありがたいです。

法的にもクリアされ、金額も19800円と安く、遊ぶには最適な端末ではないでしょうか、問題は、クリエイティブのZiiや、ARCHOSその他いろんなメーカーが発売を予定していますから、総て買ったら大変な事になりますのでそのあたりの兼ね合いでしょうか…

私といえば、買うかどうか現在考慮中です。

ブログ内の関連する記事