Androidの公式ブログで、Zipalign: an easy optimizationという記事が出ています。

android_blog.png

これによると、Android Marketにアップしているソフトは、Zipalignをかけて、再度アップして欲しいとの事です。

アプリケーションターゲットが、1.0だろうが1.5だろうが、1.6だろうが総てのアプリで実行すると速度アップやメモリ効率が良くなります。特にリソースを沢山参照するHomeアプリの速度が向上する。

技術的な詳細はブログに書いてありますが、名前がZipalignなので、Zip(Apkファイル)のアライメント調整をするソフトだという事がわかります。

実行の仕方は非常に簡単です。

リリース証明書付きのAPKファイルを直接

アプリケーションのバージョン番号を書き換える必要があるので、この手法を取る方はあまりいないでしょうが、リリース証明書付きのAPKファイルにZipalignを行う方法


zipalign -v 4 source.apk destination.apk

確認方法


zipalign -c -v application.apk

Eclipseから行う方法

Android SDK1.6のADT(0.9.3以上)で、GUIを使って証明書付きのAPKファイルを作製すると、自動的にZipalignをかけますので、何もする必要はありません。

ブログ内の関連する記事