Googleが行っている、アプリケーションコンテスト Android Developer Challenge2の第一ステージが、10月7日に終了しました。ADC 2 Round 1 Scoring Complete

adc2

現在ADC2ソフトを起動して、Skip等をすると上記のような画面になります。

Androidの公式ブログの記事によれば

  • 投票数が少なくて公平な判断が行えない状態なら、投票期間を延ばすつもりだったが、十分な投票が集まったのでラウンド1は終了
  • 10日間で、26000以上のAndroidユーザが投票をし、アプリケーションあたり平均で100もの評価が行われた。
  • ラウンド2では、ラウンド1で残った、カテゴリ別のトップ20のアプリケーションから投票を行い最終的な優勝を決める。
  • ラウンド1で使用した評価アプリは、そのままラウンド2で使用する。
  • ラウンド2の開始はまた別途告知をする。

とのことです。

tWakeUpCallMaker

アプリケーションの評価方法は、最初はどうかなぁとも思いましたが、結構おもしろかったのではないでしょうか?

タオソフトウェアでは、tWakeUpCallMakerという、「目覚まし時計を作製して友人にメールで送ろうソフト」をエントリしました。

twakeupcallmaker

最初の頃は色々なソフトインストールをして評価を行ってきましたが、なかなかtWakeUpCallMakerが出てこないので、最後の方はSkipしかしていませんでした。最終日前日ぐらいにようやく、tWakeUpCallMakerが現れたのですが、Android Marketの不調によりダウンロードがなかなかできなく、しばらく様子を見ていたのですが、Skipの癖が付きすぎて休憩中に無意識にSkipしてしまい、結局私は評価できないで終わってしまいました。(かなりのショック)

ブログ内の関連する記事