10月3日「Zii Egg オーダーの仕方。$409(送料込)」の記事を書きオーダーをしたのですが、10月9日に無事届きました。

印象としては、開発キットなのに、外箱もきれいで非常に洗練された感じをうけました。

早速、動かそうと思ったが、充電されておらず。しばらくケーブルをつなぎながら動かしていましたが、起動画面等非常にきれいです。動画も非常にきれいなのですが、時々とんだりするのはご愛嬌といったところでしょうか

以下に開封レポートを記載したのですが、写真移りが非常に悪いと考えてください。

comparison_perse.jpg

Zii Egg 開封

白いボックス、手触りも良く、非常に高級感があります。

box.jpg

箱を開けると早速Zii Eggが登場。

iPhoneを連想するようなパッケージングの仕方です。

open_box.jpg

本体上部

実際はもう少しいい感じです。

perse.jpg

上部には電源ボタン

top.jpg

背面には「ZiiEGG」のロゴ

back2.jpg

側面は二つのボタン

side.jpg

端末下部にはUSB接続端子

bottom.jpg

厚みはZiiEggのほうがスマート

comparison_bottom.jpg

付属品一覧

「ZiiEgg本体」、「ACアダプター」、「イヤホン」、「USBケーブル」、「取り扱い説明書」

all.jpg

このデバイスですが、あくまでもSDKのおまけです。また、まだAndroidは動きません。買われる方はその辺りを良く考えて買われる方が良いかと思います。

SDKも色々試してみたい所ではありますが、オーダーしていた、Acrhos 5が出荷されたとのメールを受け取りました。せっかく届いたのですが、Android OSがリリースされるまでは、あまりいじる機会がないようです。

ブログ内の関連する記事