Android SDK 2.01が公開されました。
早速インストールを行うために、http://developer.android.com/intl/ja/sdk/index.htmlからSDKを
android-sdk_r04-windows.zip等をダウンロードされた方もいるかとは思いますが、前回のAndroid SDK2.0のリリースによりSDKのバージョンアップ方法が変わりましたので、ダウンロードする必要はなくなりました。

ダウンロードサイトにある、zipファイルは新規インストールの時のみ使用します。

ただ今回のようなインストール方法になって初めてのバージョンアップですので、本当に正常にインストールできているかも含め検証してみました。(Vista)

失敗しました。

前回、私の環境では、「c:\android\android-sdk-windows」にsdkをインストールしました。またパスを「c:\android\android-sdk-windows\tools」に通してあります。

sdkディレクトリにある、SDKSetup.exeか、tools\androidコマンドを実行して、「Android SDK and AVD Manager」を起動します。

左側の「Available Packages」を選択、この時私の環境では、以下のようにSSLでは接続できないと言われました。

仕方がないので、http://dl.google.com/android/repository/repository.xmlのサイトを使ってアップデート等を行ったのですが、インストールできたり、できなかったりと色々謎な現象が発生しました。

sslサイトを使用していないからか、SDK Managerが悪いのか、検証するのも有なのでしょうが、検証してもあまり意味がないので、Eclipseからインストールをしたらできました。

コマンドラインのSetup.exeからのアップデートはまだ、辞めた方がよさそうです。

インストール方法(成功)

成功というのもおかしいのですが、以下アップデート方法です

SDKのアップデート

Eclipseのメニューの「Window」→「Android SDK and AVD Manager」を選択して、Android SDK and AVD Managerを起動します。

「Available Packages」を選択すると、下記のような画面が表示されます(SSLエラーは出ませんでした)

総て選択し、「Install Selected」ボタンを押すと以下のような画面になり、これもAccept ALLをチェックしてから、「Install Accepted」ボタンを押します

ダウンロードが始まり、そしてインストールされます。

ADTのアップデート

EclipseプラグインのAndroid Developer Toolを0.95にアップデートします。

Eclipseを起動し、「Help」→「Check for update」を選択

以下のようなアップデート画面が表示されるので、そのままアップデートします。

インストール後Eclipseのリブートを進められますので素直にリブートします。

ブログ内の関連する記事