Android向けのアプリデザイン時に役立つ[デザイン/開発支援用アプリ]tDpiInfoを更新し致しました。
tDpiInfo v1.2.2から解像度確認画面を2560x1600pxまで広げました。

2012年も様々なAndroid端末の情報が飛び交っておりますが、世の中のデザイナー様や開発者様は新端末上でアプリのレイアウトが崩れないか心配ではないでしょうか?
今日(4月6日)はdocomo NEXT series GALAXY Note SC-05D (小型タブレット?大型スマートフォン?)の発売日ということで、どのようなでディスプレイ情報が取れるか気になりませんか?
早速tDpiInfoで見てみましょう。

tDpiInfoで見たGalaxy Note のディスプレイ情報




Galaxy Noteはタブレット向けの解像度(1280×800 WXGA)を高密度(xhdpi)にすることで物理サイズのコンパクト化を実現した端末でした。
この端末はデベロッパーサイト(2012/4月)に記載されている画面サイズと密度の関連表においても記載されていない部分に該当するので開発時の設計、仕様によっては画面のレイアウトが崩れるアプリが出てくるのではないかと思っております。

解像度確認画面

今回大幅に強化した解像度確認画面はAndroid端末で想定されている画面解像度名の参考資料としてもご利用いただけます。

※tDpiInfoのMenu→Show rectからご参照いただけます。

ダウンロード

Google Playでは、ソフトウェアライブラリカテゴリにアップしてあります。

clock qr

無料です。

アプリの詳細について

アプリの詳細は以下のページをご確認ください。
tDpiInfoのページ

その他

アプリに対するご要望などは@tao_gakuまでご連絡ください。

ブログ内の関連する記事