tSpyCheckerのアップデートを行いました。
今回新たに「友人情報の漏えい」という危険カテゴリを機能追加しました。

icon_detail_friends_on.png

このアイコンは「友人情報の漏えい」の危険性があるアプリに表示しています。

tSpyCheckerで危険性があるとしている権限の中に「個人情報の漏えい」という危険カテゴリがあります。「個人情報の漏えい」には、電話番号やアカウント情報、連絡先、カレンダーなど個人情報を漏えいできる機能をカテゴライズしています。
自分自身の個人情報だけではなく、自分に関わる友達や家族、会社の人などの情報もその中に含まれております。
例えば連絡先情報には友だちの「電話番号」「名前」「住所」「誕生日」等が含まれており、カレンダー情報には取引先の「電話番号」や「住所」、「予定」などがあります。
個人情報以上に「友だち、家族、知人、同僚などの自分に関わる人たちの情報を漏らすことを一番注意してほしい」ということで、
今回この危険カテゴリを機能追加し、「友人情報の漏えい」の危険性がある権限をカテゴライズしました。

友だちや同僚などの情報が悪意のある人に渡ってしまった場合、何かのセールスの電話が友人にかかってくるかもしれませんし、迷惑メールが送られるかもしれません。

この機会に是非、お使いのアプリケーションをtSpyCheckerでチェックしてみてください。

また、デザインや操作性を全体的に見直すなど、大幅な機能アップをしました。

allcheck.png

詳しくは、下記をご覧ください。

Version 1.5.0 追加機能

  • 危険アイコン「友人情報の漏えい」を追加
  • Android4.1および4.2に対応
  • トップ画面および詳細画面にてスワイプ動作で画面遷移するよう変更
  • Aboutにプライバシーポリシーリンクを追加
  • ヘルプ画面を追加
  • その他全体的にデザイン修正

アプリの詳細について

アプリの詳細は、tSpyCheckerのページをご覧ください。

ブログ内の関連する記事