アンドロイドアプリの、セキュリティ的にまずい所を教えてくれる製品「Tao RiskFinder」が賞を頂きました。

shingijutu.jpg

これがどのような賞かというと第26回中小企業優秀新技術・新製品賞 募集要項に詳しいのですが、ぶっちゃけ、りそな中小企業振興財団が、中小企業の復興を図るために年に1回行っている表彰事業です。

「一般部門」「ソフトウェア部門」に分かれており、非常に製品の窓口が広いコンテストです。

去年の応募数が8384件と、かなりの応募数かつ、アンドロイドアプリの脆弱性検知とか、非常に狭いエリアでわかりにくい所なので受賞はしないだろうなぁと思いつつ応募しました。

一次審査通りました!というメールが届き、次に2次審査しますので、デモお願いします!と言われ、製品デモをしにいったりしたのですが、賞の製品分野が非常に広い事もあり、いけそう?だめそう??などの予想もできず、きっとダメだろなぁと思ってましたが、うれしいお知らせになりました。

本日は新聞発表だけで、後日授賞式となります。
開発メンバーと共に行ってくるのが楽しみです。

ブログ内の関連する記事