タオバイザー用アプリ第一弾、ゼンリンの秋葉データを活用した。「tアキバウオーク」をリリースしました。

「tアキバウオーク」を実行後、アンドロイド端末をタオバイザーに装着して、覗いてみると、秋葉の町をうろうろしできます。

前触れもなくいきなりのリリースなのですが、本日ゼンリンよりUnity向け3D都市モデルデータ「Japanese Otaku City」が公開されました。

zenrin

クリエちゃんとか、キャラ設定もあり、パームパイロットクラスタにとっては、見逃せない企画になっているのですが、それはともかく、Unity用のアセットデータ(秋葉駅周辺)を無料で配信ということで、これは!と思って、○○君見といてといったら、できました!と言われたので公開です。

えっと、短時間(2時間ぐらい?)での作成ですので、ただ単にゼンリンの秋葉アセットの中を決められたルートでうろうろするだけのアプリです。

しかしながら、Unity使うとこんなに簡単に、タオバイザー用アプリを作れる!ということと、取りあえずどんなデータがゼンリンより公開されているのかがわかるので、公開することにしました。

Google Playよりダウンロード可能です。


Android app on Google Play

はっきり言って公開準備(ホームページ作ったり、なんたらしたり)の方が間に合いませんので、色々雑な所はありますが、とりあえず見て頂けたらと思います。

ごめんなさい

タオバイザー専用とか言ってますが、タオバイザーまだ世にでてません。現在クラウドファンディング中です。本来ならGoogle CardBoard用アプリとか、Dive用アプリとか言うべきなのですが、ごめんなさい。言って見たかったんです。

アンドロイドの3DVRヘッドマウントディスプレイ対応アプリになります。

CardBoardとかタオバイザーをご存じではない方へ

アプリケーションを起動後、以下のような二画面表示されます。
これは、バグではなく、タオバイザーやGoogle CardBoard等の3DVRヘッドマウントディスプレイを装着することで、、一つの画面として結合され臨場感あふれる画面になります。

otakuwaok

その他

データを使って分かったことは、スマフォ向けのデータではないので、オブジェクトの数が大きくてそのまま使用すると、フレームが落ちたりと大変です。(オブジェクトの数が多いというのはいいことですが)。このあたり、ちゃんと調整する必要があります。今回のアプリは、スマフォで動かせるレベル的に調整したのみです。作者本人は、もっと細かい調整や、おもしろ要素等を追加したいと言っていましたが、それは今後という事にしました。

多分、オキュラスクラスタが、このデータを使って素晴らしいアプリを作るのだと思ってます。期待してます。

またゼンリンさんありがとうございました。