Tapestryでは、Formから入力された文字列のValidation機能が存在します。
必須入力項目に何もデータを入力せずにSubmitされたときに、自動的にJavaScriptのダイアログを出したり、画面上にエラーメッセージを表示したりします。Validation自体の機能の説明は別の機会に譲るとして、ここで表示されるエラーメッセージもブラウザの言語設定によって自動的に英語やフランス語等に変わります。
必須入力項目等の簡単な処理であれば、標準で用意されている物を使った方が便利ですが、Tapestry3の時と同様に日本語のメッセージファイルがjarの中に含まれていませんので日本語メッセージが表示されません。
プロパティファイルなので作るのは簡単ですが、作る前に調べてみると
http://issues.apache.org/jira/browse/TAPESTRY-812
で、既にアップロードされていました。(ありがとう作った方)
次のリリースのTapestry4.1には含まれるようです。
Tapestry4.1がリリースされるまでは、上記URLからプロパティファイル(ValidationStrings_ja.properties)をダウンロードし、jarにパックしなおすか、プロジェクトのソースディレクトリ JavaSource/org/apache/tapestry/valid/ValidationStrings_ja.propertiesにコピーすることで、エラーメッセージ等が自動的に変わります。