Android 端末 Archos 5 Internet Tabletを販売しているArchos社から新型Android端末が発表されました。

ARCHOS 7 home tabletとARCHOS 8 home tabletの2つです。まずは、Archos 8 Home tabletから

ARCHOS 8 home tablet

携帯電話ではありません。Archosによると携帯電話とPCの真ん中を埋める物(どこかで聞いたフレーズだ)らしいです。

ソースは、Archosサイト

プレスリリース(PDF)

このArchos 8は形状を見ると良くわかりますが、フォトフレームを非常に意識した据え置き方タイプです。据え置きと言えば、NTT東のウイジェット対応フォトフレームを思い浮かべますが、ターゲット層も同じようです。

説明文を見るとフォトフレームにしたり、ウエブページも見れるし、ソシアルネットワークのアップデートもできるしキッチンとかでも使えるよと書いてあります。

ターゲットユーザを絞っており、Googleのアンドロイドマーケットが使えないだけに、どれだけプレインストールアプリをそろえられるかが勝負でしょう。(AppLibとかからダウンロードはできますが)

ファミリーカレンダーアプリというのがあり、みんなのスケジュール管理できて楽だよって書いてあり、なるほど現在Googleカレンダーでスケジュール管理をしているので、これ一台家に置いとくと便利だなぁ、今Archosのアンドロイド端末を持っていますが(もてあましているともいう)結構気に入っているので1台行ってみるなと思っています。

特徴

  • 薄さ12mm
  • 400 g
  • ARM 9 processor @ 600 MHz
  • 4GB of memory

発売時期

8 Home Tablet は2010年5月発売 129.99ユーロ

7 Home Tabletは、2010年4月発売 2Gが129.99ユーロ、8Gが149.99ユーロ

4月なんてあっという間ですね。

その他

ウイジェット対応フォトフレームについてはAndronaviで開封記事を書いています。よろしければご覧ください。

ブログ内の関連する記事