Android DevelopersのResourcesページに、Platform Versionsというページがあり、そこでAndroid OSのバージョン情報の分布が見えます。

記事にするのが遅れたのですが、今回は3回目のアップデートとなり、2010年5月3日までの2週間のAndroid Market上でのログを収集したものが公開されています。

Platform Version

1回目2回目は間隔が開いたのですが、今回は間をおかずすぐのアップデートでした。

前回と比べると、Version2.0.1がほぼ消えました。2.1に移行しているのがわかります。

2010年4月12日

2回目の、2010年4月12日までの2週間のAndroid Market上でのバージョン情報です。

1回目の分布からみると、DROIDの締めていた2.0.1が総てAndroid 2.1に移行したと思って良いと思います。
また、Android 1.5のパーセンテージが増えているのが驚きです。今更のAndroid 1.5端末といえば、BackFlipを思い浮かべるのですが、この端末がこんなに売れたとも思えませんし、タブレット端末に非公式AndroidMarketを入れたのの影響でしょうか?それとも中国市場?Googleのサイトにはこれらに関してコメントが入っていないのが残念です。

2009年12月14日

初回、2009年12月14日までの2週間の分布です。

タイミング的には、MotorolaのDROIDが発売されて2週間後で、2.0.1なのは総てDROIDなので、DROIDの売り上げすごいぃーという感じと、Android1.5もまだまだ現役なんだというのがこの時の感想でした。

ブログ内の関連する記事