TechFunさんで行われる、「Android セキュリティセミナー」の講師をタオソフトウェアで行うことになりました。

seminar2.png

企業向けのセミナーですので、平日1日セミナーで有料(5万円)となりますが、興味のある方は、同僚お誘いの上ふるって応募ください。

現在スマートフォンのセキュリティ問題について、色々話題になっておりますので、申請等通り易いのではないかと思ってます。

内容については、組み込み分野のハードをいかにセキュリティを保って設計するかといったハード屋さんの話ではなく、またマーケッター屋さんが役にたつ話でもありません。市販のアンドロイド上で動作するアプリケーションを作成する上で、どのような事を注意する必要があるのか?アンドロイドアプリを作成する上で意識しなければいけない、ファイルパミッション、アンドロイドのパミッション、アプリケーションの仕組み等を解説しながら…といった感じです。

詳細については、主催者さんの「Android セキュリティセミナー」をご覧ください。

基本情報

  • 受講曜日 2011年11月29日(火)
  • 受講時間 10:00~17:00(昼休憩 12:00~13:00 中休憩 適宜15分)
  • 受講形式 座学
  • 受講料 5万円(1名・税込)
  • 定員 20名
  • 申込受付期間 2011年10月24日~2011年11月22日(定員に達し次第締め切り)

タオソフトウェアでは、主に受託開発を行っています。講演等に呼ばれてお話をさせていただく事もありますが、
講習会等はメインでは行っておりません。しかしながら直接講習会の依頼が来ることもあり、その時は随時行ってきていました。講習を会社の事業として行っていく事を考えた事もありましたが、それはちょっと違うと感じてましたので、積極的な営業等は行ってきていませんでした。

今回Android Securityに関する話はそんなに難しい話をするつもりはありませんが、大手会社の製品であっても守られていない物が多く存在します。これは急速にアンドロイドアプリケーションの需要が増大し、アンドロイドの未経験プログラマが急速に多くなっているからだと思います。優れた技術を持った技術者であっても、新しいプラットフォームできちんとしたものを作成するには時間がかかります。

プログラミングTips等はブログや書籍等で多く説明されていますが、セキュリティに関する事はあまり情報は出てきておりません。このあたりの現状を微力ながらなんとかしたいとは思っていたのですが、タオで情報展開をするとしても継続性という観点で難しいなぁと思っていました。(ブログでさえもとまりがち…)

先日会社の引越しを行いましたが、今回ご一緒するTechFun様は、非常に会社が近く、講習会をメインで行っている会社さんです。アンドロイドの講習会も数多く行っています。餅は餅屋ということで、一緒に企画を考えてみました。最初は弊社の技術者がお話をしますが、ある程度TechFun社の方への技術移転がすんだ段階で、タオはフェードアウトし継続的なアンドロイドセキュリティの講習会の運営をお願いできたらと思っています。

継続性という観点から、どうしても有料→法人向けとなってしまいますが、個人向けの無料勉強会も需要があれば、いつかタオ主催で行えたらと思っています。(多分有料の方と競合しない)(1日とかは無理ですから..)

会場の関係で定員20名だそうですから、ご興味のある方は是非お早めにお申し込みください(宣伝)

ブログ内の関連する記事