Surface PROを買っていじりまわそうと思っているんですが、Windows8自体、あーなんか発売されたー、ちょろちょといじってみるーメトロUIかぁーというレベルでしたので、勝手が違ってあまり進んでいません。

調べてみたら、Windows8って2012年10月26日発売なんですね。随分経ってるのに全然触ってませんでした。

社内でも全然使っている人がいないので、完全に人柱なので、Windows8とSurface PROで、ちょこちょこつまずいたところを、自分のメモ的に書いていきたいと思います。

surface_box.jpg

USB回復ドライブの作成

Surfaceは何かあった時に、工場出荷状態に戻す事ができます。この時に使用される回復イメージをUSBにバックアップすることで、何か会った時に、何かあったらこのUSB回復ドライブを使う事で対処できます。

まぁ、どちらかと言えば、バックアップを取っておくことで、ディスクに格納されているバックアップイメージを
削除できるので、ディスク容量を増やせるのが主な目的です。

自分的には、デバイスを初期化する必要が出てしまったのと、Windows8がイメージの初期化をどのようにするのか良く分かってませんし、とりあえずバックアップを取っておくか!というかんじです。

USBメモリ

USBメモリは7GB以上の物が必要です。

USBメモリなんて、そのへんに転がっているからいいやーなんて思っていたのですが、2Gとか1Gとかしか転がってませんでした。そういえば最近USBメモリーって使った事ありません。というか普段保険用に持ち歩いているのが2GのUSBメモリがあるのですが、それも持ち歩いているだけでした。

仕方がないので、購入するなど、思わぬタイムロスが生じました。これから、Surface PROを買われる方は油断せずにUSBが手元にあるのか確認した方がいいと思います。

USB回復ドライブの作成

やり方は、ぶっちゃけ、Surface USB回復ドライブの作成ページに書いてあります。
まとめると

  1. USB指す
  2. 検索して、「回復ドライブの作成」をクリック
  3. ダイアログが出てくるので、それ見て次へ→次へ→次へ
  4. 回復ドライブの作成が始まるので、10分から15分末
  5. 終わると、回復パーティションを削除するか?と聞かれるので任意で…

最後の回復パーティションを削除するをしてしまうと、以後はUSBからしかできなくなります。今回はこれから初期化するので、削除をしませんでした。ディスク容量が足りなくなったら削除しようかと思ってます。

ブログ内の関連する記事