Touch Coverキーボードは、Surface デザインキーボード プレゼントキャンペーンで当たるので(きっと)現在は、MicrosoftのWedge Mobileキーボード(日本語版)を接続してます。

がしかし、普通にBluetooth接続したらキーマップが違って@とか*とか打てません
Microsoft製品なのに…
Microsoft製品なのに…
Microsoft製品なのに…

keyboard_wedge_mobile_kb_img.jpg

ということで、直し方の備忘です。

なおしかた

コントロールパネルから、デバイスマネージャを開きます。
キーボードの部分を開くと、2つ出てきてますが、どちらかがBluetoothキーボードです。
プロパティを見てBluetoothキーボードの方を開きます。

HIDキーボードデバイスのプロパティから、ドライバータブに切り替えます。
そして、ドライバーの更新ボタンを押します。

ドライバーソフトウェアの更新画面で、「コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索します」をクリックします。

この画面では、「コンピュータ上のデバイスドライバーの一覧から選択します」をクリックします。

この画面で、「互換性のあるハードウェアを表示」のチェックボックスを外します
チェックボックスを外すと、画面が変わり、手動で選ぶ事ができます。

製造元、「Microsoft」を選択し、「Microsoft Bluetooth Mobile Keyboard …」を選択し、「次へ」ボタンを押します。

警告出るけど、無視!無視!

終了です。

まとめ

実はこのWedge Mobileキーボード、Surfaceが発表された頃に、これSurfaceで使うんだーと思って、ずっと取ってあった物なんですが、ちょっと悲しかったです。
それと、このキーボードですが、非常にかっこいいのですが、重いです。466gあります!メーカーさんが頑張ってPCを軽くしているのが台無しです。かっこいいけど台無しです!
というか、今になって思ったのですが、何故私は、日本語配列キーボード買ったのでしょうか?それも謎です。

ブログ内の関連する記事