5月13日~5月15日に東京ビックサイトで開催されておりましたJapan IT Week 春の
最終日にいってきました。
今回が初参加になるのでワクワクしながら向かっていましたが、
運悪くりんかい線の遅延に引っかかってしまい会場入りがやや遅れました…

以下は主に東ホールで立ち寄ったブースの簡単なレポートになります。

まず、ITプロダクツ展入ってすぐのところに「防滴・防水実証デモ実施」
ということで覗いてみたらまさかのWindows Phone端末だったので思わず写真をとってしまいました。
IMG_20150515_114245-2

それからスマートフォン&モバイルのほうに行くと何やら目立つ展示が…
IMG_20150515_121622-2

VRという単語に反応して行ってみると 株式会社ユビキタスエンターテインメントさんのブースでOculus Rift を使用した超4k動画を体験できるということで実際に体験させていただきました。
眼鏡をかけていたので裸眼で Oculus Riftを装着することになったので若干ぼやけてしまいましたが、それでも没入感のある秋葉原を含む3か所の動画を体験することができました。
IMG_20150515_121614-2

ほかのVR系のブースではUnityちゃんが踊っているものもありました。展示会でVRなどのインパクトのあるコンテンツがあるといいですね。
Oculus Riftが2016年第1四半期に出荷ということでこれからもVRは盛り上がっていきそうですね。

会場を歩いているとSONYさんのブースでUI/UXに関するミニセミナーも開催していました。
IMG_20150515_154843

内容はかなりためになるものでユーザの離脱を防ぐUIパターンというような内容でアンチパターンに対する改善策を発表されていました。
特に印象的だったのが、よくみるUIパターンがいいものとは限らないという内容でした。
巷で使われているからという理由で自分のアプリに導入しても、ユーザにとっては良いとは限らないということで、個人的に胸に刺さる内容でしたがとても勉強になりました。
立ち見の列ができており、ほかの方も熱心に耳を傾けているようすがうかがえました。

他にもお菓子などの食べ物につられてブースによってみたり、特別講演にも出てみたりと、気づけば丸一日歩きっぱなしになっていました。
一日回っていい刺激をもらえたのではないかと思います。