Sony Ericssonの端末にソフトウェア等を販売するための、PlayNowがアンドロイド対応になりました。

ソニーエリクソンの開発者用サイトの2009年12月18日のニュース記事に掲載されていたのに今気がつきました。年末は色々とあり、先日のモトローラ端末の情報も含め色々取りこぼしがあります。

ソニエリ端末もそろそろ発売を控えていますので、PlayNowについても本格的に調査をしました。

PlayNowの特徴

PlayNowとは、今回アンドロイド用に新規に作成した、マーケットサイトではなく、従来から運営していたマーケットサイトPlayNowをアンドロイド用に対応させた物です
(http://www.sonyericsson.com/playnow)

開発者向けの説明ページに特徴が書いてあります。

  • 無料でアプリケーションを公開可能
  • 有料ソフト、無料ソフト公開可能
  • Androidだけでなく以下のコンテンツも公開可能 Java™ ME, Symbian native (S60 5th Edition), Windows Mobile®, Android and Flash Lite content
  • 30%が手数料として取られる
  • 現在20国,40のソニエリ端末で動いている
  • コンテンツは公開する国と端末を選択可能
  • DRM-free music
  • 参考情報として、PlayNowの前からやっていたhttp://www.sonyericsson.com/funというのもある(日本のサイトはなし)

公開の流れ

GoogleのAndroid Markeとは異なりiPhoneやAcerのマーケットと同じように審査があります。

プロセスの詳細についても開発ページに記載されていますが、少し不明瞭な点がありますので、実際にアカウントを作成し、ソフトウェアを公開した時点でこのフローに関しての詳細記事を書きたいと思います。

その他

ソニーエリクソンのサイトにアカウント作成から、アプリケーション公開までの流れは次回記事にしたいと思います。

最後に、日本のPlayNowサイトは、Androidの情報は何もありませんでした。

ブログ内の関連する記事