HT03Aを愛用されていてFroyoへアップグレードされた方多いのではないでしょうか?
Froyo2.2は、今までのandroidのプリインストールしているカレンダーとパッケージ名が異なっています。

FroyoをアップグレードさせたHT03AでtCalendarWidgetを動かし、作成したウィジェットをタッチしてもカレンダーが開きません。
バージョン1.0.9ではFroyo2.2にアップグレードした端末にてカレンダーが開くよう修正いたしました。

tCalendarWidget version1.0.9

tCalendarWidgetは、Android OS1.5以上のホームアプリケーションで使用できるウイジェットプログラムです。

ホームアプリケーションからWidgetとして使用する事で、デスクトップ上にカレンダーアイコンを表示します。
アイコンには、当日の日付が表示され、毎日変わります。

choosewidget

iPhoneのカレンダーソフトは、日付が変更になると自動的にアイコンが変わり、ホーム画面を見ただけで、今日が何日か簡単にわかります。
しかし、Android標準のカレンダーソフトは、アイコンは変更されません。いつでも31日が表示されています。

またAndroidのホーム画面には時間は常に表示されていますが、日付を常に表示する物はありません。
tCalendarWidgetを使用する事により、常にホーム画面に日付が表示されます。また、アイコンをクリックすると、標準のカレンダーが起動しますので標準のカレンダーのショートカットとして使用できます。

変更点

Froyo2.2に対応

変更前

Froyo2.2にアップグレードした端末にてtCalendarWidgetのウィジェットをタッチしてもカレンダーが開きません。

ダウンロード

アプリケーション -> ライフスタイルからダウンロード可能です。

tcalendarwidget qrcode

market://search?q=pname:jp.co.taosoftware.android.widget.calendar

tCalendarWidgetのページからもダウンロード可能です。

ブログ内の関連する記事