Androidアプリケーションのリソース情報を確認するアプリケーション
tPackageExplorerのアップデートを行いました。

今回は新たにAssetsディレクトリを参照出来る機能と、
アプリケーション一覧画面でロングタップすることで
「アンインストール」「管理画面を開く」「Google Playストアを開く」機能を追加しました。

Assetsディレクトリ参照機能について

他のリソース情報と同様に「リソース切替」から
assets listを選択することで参照出来るようになります。

Assetsは階層型ディレクトリとなっているため
一般的なファイルマネージャーアプリと同様の操作を行うことで
情報を確認することが出来ます。

assets_list.png
assets_list2.png

コンテキストメニュー機能について

アプリケーション一覧画面から任意のアプリをロングタップすると
選択したアプリの「アンインストール」「管理画面を開く」「Google Playストアを開く」を
行うことが出来るようになりました。

long_tap.png

tPackageExplorerついて

「tPackageExplorer」はAndroidアプリケーションのリソース情報を確認するアプリケーションです。

アプリケーションの詳細は、tPacageExplorerのページをご覧ください

機能制限

tPackageExplorerは無料でダウンロードすることが可能ですが、一部機能が制限されております。
無料版では、表示されるアプリケーション数が5個までに制限されております。
また、ソート切替機能を使用することが出来ません。

機能制限の解除方法

制限を解除するにはアプリケーション一覧画面のオプションメニューより「購入」を選択して、
アプリ内課金での購入手続きを行ってください。
料金は1000円になります。

要望等ありましたら、@tao_gakuまでご連絡ください。

ダウンロード


Android app on Google Play

QRcode.gif

ブログ内の関連する記事