「tPackageExplorer」はAndroidアプリケーションのリソース情報を確認するアプリケーションです。

AndroidSDKには「Hierachy Viewer」というツールが用意されています。 このツールでは端末にインストールしてあるアプリケーションの画面レイアウトを確認することができます。 同様にtPackageExplorerは、端末にインストールしてあるアプリケーションのリソース情報を 確認する事ができる開発者用アプリケーションです。

古くからのMacユーザには、アップルコンピュータが無償で配布していた 「ResEdit」と同じようなアプリケーション(リソースの編集はできません)をイメージしてもらえると分かりやすいかもしれません。

機能紹介

こんな感じで、アプリケーションのマニュフェスト内容が見れたり

こんな感じで、Drawableの内容が見えたりします。

他の種類リソースの参照も機能的に加える予定で随時開発予定です。

またタブレット用と、それ以外でデザインをわけて実装しています。

詳しくは、tPacageExplorerのページをご覧ください

アプリ内課金

今回はGoogleのアプリ内課金の仕組みを組み込みました。
このタイプのアプリケーションですと、アプリ内課金でなく、通常の有料ソフト形態でも良いのですが、
ただただ、アプリ内課金を実装したかった、それだけです。

インストール直後は、アプリケーション一覧に5件のみアプリが表示されます。内部リソースを確認できるのが、その5件となります。購入をすると総てのアプリケーションに対して操作が可能になります。

金額に関しては1000円と他のアプリに対して非常に高くなっています。色々と考えた結果このような値段設定にしております。

ダウンロード

http://market.android.com/search?q=jp.co.taosoftware.android.packageexplorer

ブログ内の関連する記事