総務省から、去年8月に、「スマートフォン プライバシー イニシアティブ」という、スマートフォンで個人情報や利用者情報を取り扱うための指針がでました。(最近はSPIとか略されるらしい)

soumu.png

アンドロイドのアプリケーションを作成する身としては、欠かせない基本的な考え方なので、タオで独自にアンドロイド用に翻訳したドキュメントを作成したり、講演をやってみたり、ソフトウェアデザインに寄稿してみたりと、色々と勝手に活動をしていましたが、1年を経てバージョン2がでたというか、意見募集なので、バージョン2のβ版といったところでしょうか… (内容的には、第二巻かな?)

意見募集ということなので、フォーマットに従って意見を書くと、もれなく総務省さんからきちんとした返信がもらえ、こんな意見があって、こんな返信をして、こんな風に反映したというドキュメントが名前付きで公開されますので、総務省のホームページに俺の名前が載ってるよーと、ドヤ顔をしたい人は、意見を投げてみるのもいいかもしれません。(何も意見がなければ誤字脱字を必死で探すとか…)

しかし、IIって名前、お国関係のドキュメントでは見かけないので、えーーと思いましたが、何月何日版とかよりわかりやすいですし、名前変わっちゃうと、検索で引っかからなくなるしで、SEO対策ばっちりですね!。

ドキュメントについて

今回意見募集に出されたものは大きく分けて3つあります。

  • 第I部 スマートフォンにおける利用者情報に関する課題への対応
  • 第II部 スマートフォンサービス等の適正な提供に係る課題への対応
  • 第III部 スマートフォンのアプリ利用における新たな課題への対応

第一部が、「スマートフォン プライバシー イニシアティブII」にあたります。
意見募集を8月2日まで行い、その後反映作業→正式版公開となります。
正式版が出てから、ちゃんと見る!という考え方もありますが、ぶっちゃけそんなに変わるかことはありませんので、
ダウンロードしてタブレットに入れておいて、空き時間に読み進めるのもいいと思います。(何気に量がありますし)

内容的に前回の、「スマートフォン プライバシー イニシアティブ」に書かれている、具体的な利用者情報の取り扱いは書かれておらず。指針を出してからの動きや、その動きを踏まえて、このようにするのがいいなんて情報が載っています。どれぐらいの数のアプリがプライバシーポリシーを載せていいる等の統計情報なども載っています。

あ、一部以外も、スマートフォンに関する苦情情報とか、その他色々載ってて面白いです。
講演などをする方は、いい引用資料になると思うのでお勧めです。

ブログ内の関連する記事