2010年6月26日(土曜日)にAndroidの会主催のAndroid Bazaar and Conference 2010 Spring(ABC 2010 Spring)が開催されました。

タオソフトウェアでは、「ドロクリ」を展示させて頂きました。とてもたくさんの方とお話ができとても楽しかったです。ありがとうございました。

当日は予想通り忙しくカンファレンス等には行くことはできずにいました。これからゆっくりとカンファレンスの内容を見たいと思っています。

動画はadakodaさんのABC2010Spring ust リンクまとめでリンクが綺麗にまとまっていますので、遠くて行けなかった方、仕事で行けなかった方、見てたんだけど裏の講演を見たい方は是非ご覧ください。

全体的な事

今回未公式情報では、事前申込あり 695人賛助会員 6人事前申込なし 151人プレス 27人スタッフ 32人 (事前申込ありの人は含めず) 合計 911人

事前申し込みかが700人で、200人もそこから増えてるのは結構すごい感じがします。昼過ぎ頃雨が少しぱらつきましたが、概ね天気でした。あまり天候による影響はなかったのではないかと思っています。

展示

展示の事しかわからないので、展示について詳しく書きますと、
2009 Fallの時は、裏で講演があってもなくてもひっきりなし状態でしたが、今回は講演がある時には休息が入れられ、講演が終わると一気に人が来るような状態でした。これは講演にビックネームが多かったのと、講演に入れる収容人数が大幅にアップしたからだと思われます。(多分)

先ほど、ちらし(フライヤー)の数を数えましたが、約450枚なくなりました。(積極的に配布するのではなく、机に置いてあるだけ)、入場者が911人ですから、半分近くの方にお渡しできました。来場者数の50%はすごすぎです。流石にAndroidに特化したイベントだけあります。Interopでドロクリを展示した時の1日の配布枚数を確実に超えています。

ほぼどこのブースも同じような感じだと思いますので、次のABC 2010 Winterの参考にしてもらえたらと思います。

また、展示社向けのメーリングリストにて、「私服でいきます!」宣言をしたせいか、私服で展示されている所が多かったです。(作戦成功!)個人や学生の方も多いですし、アンドロイドの会の雰囲気的にもスーツではない方がいいと勝手に思っております。

さて、去年のABCは、私服で目立っていたタオソフトウェアですが今回は、おそろいの黒いTシャツを作製し、目立たせてもらいました!(作戦成功です)ちょっと怖い雰囲気を醸し出していたようですが、Tシャツの納品がABCの先日というスケジュールになるなどかなり頑張った一品で、社内では「NOT WORK !」Tシャツと呼ばれています。

notwork_omote.png

notwork_ura.png

でも、当日誰からも突っ込みが入らなかったのは寂しかったり…

ライトニングトーク

急遽ライトにングトークに参加させて頂きました。A3で受賞した「tWakeUpCallMaker」から、その発展形「ドロクリ」について話をしてたのですが、5分のスピーチ枠とは聞いていたのですが、何故か頭の中では10分に変換されていたため、まったくもって中途半端な所でスピーチが終わってしまいました。

聞いておられた方大変申し訳ありませんでした。

最後に

今回は来場者数も多く、ボランティアで参加されている運営の方々、非常に大変だったと思います。また運営されている方は、講演等をなかなか見る事ができません。そういった意味でも頭が下がる思いです。

ブログ内の関連する記事