NETWOREK

ネットワークに使うよー関係のパミッションです。外と通信するパミッションですので、これらのパミッションと電話帳の読み取りパミッションを持ってると、電話帳を吸い取って収集なんて事ができます。

BLUETOOTHなんかも同じような事ができるんですが、まぁ、一ユーザとして考えると、近接通信ですので、INTERNETほどシビアになる必要はないと思いますが…(これ使うならINTERNETパミッション使うだろうし)

逆に言えば、アプリケーション作者は、ユーザがそのように思うことを考えて、INTERNETパミッションを持つアプリを作成する場合は、色々機能を付けすぎてパミッションまみれにならないように注意してください。

パミッション 説明 ProtectionLevel
INTERNET 完全なインターネットアクセス許可
ネットワークソケットの作成を許可します。アプリケーションはネットワークに接続し通信を行うことができます
dangerous
ACCESS_NETWORK_STATE ネットワーク情報へのアクセス許可
ConnectivityManagerを取得して、現在ネットワークに繋がっているかが判断できます。
繋がっている場合はWifiや3G等その種類が取得できます。
normal
ACCESS_WIFI_STATE Wi-Fi情報へのアクセス許可
WifiInfo情報が取得できるため、接続状態、MACアドレス、SSID、スピード等取得できます。
normal
BLUETOOTH Bluetooth機器への接続許可
ペアとして設定されているBuleTooth機器への接続を許可します。
dangerous
USE_SIP SIPサービスの使用許可
SIPサービスを使用することを許可します。
dangerous
NFC NFC入出力の許可
NFCタグ、カード、リーダーとのデータ入出力操作をアプリケーションに許可します。
dangerous

ACCESS_WIFI_STATEがWifiのMACアドレス取れるんだけど、dangerousじゃなくてnormalパミッションなのがちょっと違和感ありました。

ブログ内の関連する記事